検索
  • Kyouhei Shiomi

人からお金を取り返すこと

ご無沙汰しております。


ごくごく一般論ですけど、人にお金を貸すときには、あげると思って貸した方が精神衛生上良いです。


債権を回収するには大雑把に ①立証のハードル(本当に貸したか) ②回収のハードル(相手から取ることができるか) という2つのハードルがあり、そんなに簡単ではありません。


①を補強するために、借用書などの「確かに貸した」という証拠(録音などでもいいですが、できれば紙媒体)を、

②を補強するために、保証人や抵当などの担保を、 それぞれ取っておくと回収の可能性は多少高まります。


とはいえ、「無資力の抗弁」は最強という諦めに似た格言もある(?)ように、ない所から取る作業は本当に難しいです(無理とは言いませんが

勘違いされている相談者様も結構いるのですが、裁判所は回収の手伝いをほぼしてくれません。


執行手続もびっくりするほど使いにくくて(2020年4月施行の民事執行法の運用が固まれば多少ましになるかもしれませんが)、どうにかならないかと日々悩んでおります。 人からお金を回収するのって、結構大変なんですよね。 げんなり。


ですので、個人的には、人にお金を貸さざるを得ない時は、返ってこないことを前提にあげるつもりで貸す。返ってこないと困る額は貸さない、ということが大切だと思っています。 貸す前に一回冷静に考えてください。


もし返ってこないのであれば、ご相談ください。


一緒に回収の方法を考えましょう!

14回の閲覧

最新記事

すべて表示

交通事故についての一般論

ごくごく一般論ですけど、交通事故の被害に遭ったらすぐ弁護士に相談した方が良いことが多いです。 相手の保険会社から賠償額を提示される前に、 「被害に遭ったらすぐ」 です。 弁護士に依頼すると、 ①単純に慰謝料額が上がります。違う物差しを使ってるんですよ。 ②同じ症状で最大限賠償を受けるためにどうすべきかを知っているので、通院指導等、治療期間中のアドバイスもできます。怪我が治るに越したことはありません

予定の管理

月に1回くらい、事件の棚卸しとして、手持ち事件(70件前後)の確認をしております。 ①次に何をするか ②ボールがどちらにあるか ③最後に依頼者、相手とやりとりしたのはいつか を全てチェックします。 事件放置防止と、手持ち事件の客観量の確認、分野の確認ができるのでかなりお勧めです。 棚卸しは事務所の共有フォルダに「塩見事件管理」というワードファイルを作って1件1件更新していきます。 いろいろ形式を試

新型コロナウイルス対策について

弊所におきましても,新型コロナウイルス対策に万全を期しております。 COVIDー19問題で私が重視している順番としては、 ・自分、家族、事務員さん、お客様の感染を防ぐこと ・事務員さんたちの生活を守ること ・ご依頼いただいた事件を滞りなく回すこと ・新しいご相談に対応すること です。 生命身体が第一ですが、経済活動が滞ってしまえば元も子もありません。 つきましては、 ①感染対策として消毒の徹底・出

Copyright (C) 2015 Kyouhei Shiomi. All Rights Reserved.

 

tel:072-812-7915

mail:k-shiomi@helper-law.com

FBページ:事務所ツイッターへのリンクはこちら

  • w-facebook
  • Twitter Clean