検索
  • Kyouhei Shiomi

弁護士費用について①


こんにちは!

寝屋川市のヘルパー弁護士,はちかづき法律事務所の塩見恭平です。

独立後5か月が経過し,何とか干上がらずに仕事出来ていることに感謝する日々です。

開業当初はどうなることかと思っていましたが,今は(不安はあれど)何とかなりそうという思いを持てています。

ご相談,お問合せも今のところ安定しており,本当に恵まれているな,と感じております。

さて,本日の話題。

弁護士費用について,です。

弁護士費用については,それぞれの仕事がオーダーメイドということもあり,なかなか明確な値段を出せない性質のものです。

私も,できるだけ費用の明示に努めていますが,ご相談に来ていただく方に対し,明確に提示できているかどうか日々自問しています。

一律の基準を設けないとご相談・ご依頼いただいた方の不公平にもつながりますし,しっかりお話ししていかなければならないところだな,と思っています。

さらに,相談ニーズと受任ニーズの狭間についても,かねてから疑問に思うところがありました。

「ご依頼いただくほどでもないけれども,相談だけでは不安が残る」

という方がいらっしゃることを実感しています。

そこで,狭間に対応するために,以下のような試みをしております。

その名も「はちかづき法律カルテ」

通常の法律相談に加え,オプション費用(2万5000円程度)をお支払いいただくことで,

・事案の整理

・法的なポイント

・解決方法

・弁護士に依頼すればいくらかかるか

・その他,(必要であれば)書面骨子等

といった,注意点をわかりやすく書いた

「はちかづき法律カルテ」

を後日(おおむね一週間以内に)お渡し致します。

「法律相談で弁護士に指示されたけれど,うまくメモを取ることができなかった」

「結局どうすればいいのか忘れてしまいそうで不安だ」

というお悩みを解消し,安心して生活していただくためにぜひ,「はちかづき法律カルテ」をお持ち帰りいただければと思います。

さらに,セカンドオピニオンに対応するためのプラン等も考えたいな,と思っております。

まだまだ工夫の余地はたくさんあると思っているので,望む方に適切なリーガルサービスを提供できるよう取り組まなければならないと感じる次第です。

今後,弁護士費用についてや,新しいプランの話については常に考えていこうと思います。


17回の閲覧

最新記事

すべて表示

交通事故についての一般論

ごくごく一般論ですけど、交通事故の被害に遭ったらすぐ弁護士に相談した方が良いことが多いです。 相手の保険会社から賠償額を提示される前に、 「被害に遭ったらすぐ」 です。 弁護士に依頼すると、 ①単純に慰謝料額が上がります。違う物差しを使ってるんですよ。 ②同じ症状で最大限賠償を受けるためにどうすべきかを知っているので、通院指導等、治療期間中のアドバイスもできます。怪我が治るに越したことはありません

予定の管理

月に1回くらい、事件の棚卸しとして、手持ち事件(70件前後)の確認をしております。 ①次に何をするか ②ボールがどちらにあるか ③最後に依頼者、相手とやりとりしたのはいつか を全てチェックします。 事件放置防止と、手持ち事件の客観量の確認、分野の確認ができるのでかなりお勧めです。 棚卸しは事務所の共有フォルダに「塩見事件管理」というワードファイルを作って1件1件更新していきます。 いろいろ形式を試

人からお金を取り返すこと

ご無沙汰しております。 ごくごく一般論ですけど、人にお金を貸すときには、あげると思って貸した方が精神衛生上良いです。 債権を回収するには大雑把に ①立証のハードル(本当に貸したか) ②回収のハードル(相手から取ることができるか) という2つのハードルがあり、そんなに簡単ではありません。 ①を補強するために、借用書などの「確かに貸した」という証拠(録音などでもいいですが、できれば紙媒体)を、 ②を補

Copyright (C) 2015 Kyouhei Shiomi. All Rights Reserved.

 

tel:072-812-7915

mail:k-shiomi@helper-law.com

FBページ:事務所ツイッターへのリンクはこちら

  • w-facebook
  • Twitter Clean