離婚問題解決事例①【養育費の決定及び財産分与】

 

【事案の概要】

 大阪府堺市在住の依頼者様(会社員・40代男性)より。

 元妻より,養育費の請求を受けている。当該金額が不当に高額ではないか,と思っている旨ご相談を受けました。

 実際,依頼者様の年収から行けば不当に高額とまでは言えない額でしたが,業態の変化で年収が下がることが予想されること,お子様には折に触れ金銭を渡したいというご要望があることから,請求額を拒否,相手から養育費に関する調停を申し立てられました。

 調停においても弁護士が介入し,従前の主張を維持し,粘り強く交渉した結果,当初請求額よりも,月額1万5000円の減額に成功しました。今後,差額の1万5000円については貯蓄を行い,折に触れお子様に渡される,とのことでした。

 さらに,財産分与の交渉も行い,互いに主張はあれど,互譲することで,微細な部分での過度な紛争を避けることができました。弁護士が介入することで,依頼者様の意向(必要な分だけ渡したい,財産分与においては細かい交渉をしたくない)に沿った解決が実現しました。

 依頼者様の要望に応じ,最適な解決を目指し,動くことが可能です。

 お気軽にご相談いただければと思います。 

​【アンケート】

1.はちかづき法律事務所にご依頼いただいた理由

 友人の紹介(口頭補足:請求を受けて困っているところ,ご友人に弁護士を紹介してもらい,一度相談だけでもしてみようと思い法律事務所の門をたたいた,とのことです。)

2.はちかづき法律事務所のサービスや各種対応についてのご感想

 ■非常に良かった

3.はちかづき法律事務所のサービスや各種対応につき感じたことを自由にご記入ください。

 大変,助かりました。

 業務・心身共に助けて頂けました。

 ありがとうございます。

 もし,お困りのことがあれば,まずは電話等でご相談されてみてはいかがでしょうか。

 正当なご対応を頂けると思います。

 今後とも宜しくお願い致します。(弁護士補足:事件が多岐にわたってしまった結果,お付き合いが長くなってしまいました。もっとも,その結果として望まれる解決に近い結果で終結できたのではないかと考えております。)

 

Copyright (C) 2015 Kyouhei Shiomi. All Rights Reserved.

 

tel:072-812-7915

mail:k-shiomi@helper-law.com

FBページ:事務所ツイッターへのリンクはこちら

  • w-facebook
  • Twitter Clean