未払残業代請求事例①【証拠あり・交渉のみ

 

​【事案の概要】

 愛知県名古屋市在住の依頼者様(20代男性・退職後寝屋川市在住)が,勤務先で超過勤務をしているにもかかわらず,残業代が支払われないことに悩んでいる,とのご相談を受けました。

 一年ほど前から午前7時30分出社,退社平均午後9時(遅い時には深夜1時をこえることも)という常態でした。残業代請求自体は問題なさそうでしたが,退社前でしたので,退職時に有給消化を行うよう強くアドバイスしました。

 退社後,主にタイムカードを証拠として利用し,残業代の計算を行いましたが,勝手にタイムカードを押されていたこともあったとのことだったので,PC上の業務日報の記載時刻を利用し,業務時間の確定を行いました。

 先に証拠を固めて,言い逃れができないよう請求した結果,無事,残業代満額(190万円超を獲得しました。

 残業代請求を行うにあたっては,証拠を固めることが最も重要です。現在勤務中の会社を退職する際に残業代を請求しようと考えるのであれば,証拠固めを行うことが可能です(証拠が少なければ少ないなりの戦い方がありますが,多いにこしたことはありません)。

 さらに,有給正かについても弁護士からの話を聞くと聞かないとでは違いますので,ぜひ一度ご相談いただき,現状で証拠を集める方法や会社に請求できる手段をお聞きください。

 本事案は弁護士が正確な有給取得アドバイス・残業代請求を行うことによって,いままで支払われていなかった残業代を手に資,新たな生活の支えにできた事案だといえます。

  ぜひ,ご相談ください。

 

​【アンケート】

1.当事務所にご依頼いただいた理由をお聞かせください。

​ 塩見先生なら,安心して任せられる,と思ったから。

 (弁護士補足:初回相談の際,いくつかアドバイスさせていただきましたが,アドバイス一つ一つに大きくうなずいてくださり,納得してご依頼いただいたことが強く印象に残っております。)

2.はちかづき法律事務所のサービスや各種対応についてのご感想

 ■非常に良かった

3.はちかづき法律事務所のサービスや各種対応につき感じたことを自由にご記入ください。

  相談して良かったです。

  言ってみなければ,何もなかったと思うと・・・

 (弁護士補足:相談の時点では,20万でも30万でも返ってきたらいい,とおっしゃっていたところ,満額(190万円以上)と聞いた時,とてもびっくりした,そんなにもらっていいのか,と驚いておられました。)

 

Copyright (C) 2015 Kyouhei Shiomi. All Rights Reserved.

 

tel:072-812-7915

mail:k-shiomi@helper-law.com

FBページ:事務所ツイッターへのリンクはこちら

  • w-facebook
  • Twitter Clean