請求対応について
 
~ディフェンスにこそ専門家の腕が試されます~

 

 

・身に覚えのない請求が来た!架空請求かな?でも少し気持ち悪い・・・

 

・借りたお金を返さずのらりくらり交わしていたら,裁判所から訴状が届いた!

 

・養育費を払わず放置していたら,忘れたころに請求が来た!

 

 

このようなご相談をよくお伺いします。

 

ご相談に当たっては,書類の種類により,対応が大きく変わってきます。

 

どのように対応すればいいのか,簡単にお示ししますが,具体的なことをお聞きくださるのであれば,当所までご連絡ください。

 

 

【一例】

・内容証明郵便

 ただの郵便です。

 示されている内容につき,内容を精査したうえで対応することが必要です。

 交渉を行う予定があれば,弁護士にご相談ください。

 

・支払督促

 すぐに裁判所に対し異議を申し立ててください。

 二週間以内に異議を申し立てないと,督促に書かれている債権額が確定してしまいます。

 その後,訴訟対応については弁護士にご相談ください。

 

・訴状

 まずは答弁書の提出です。

 相手の主張のどこを認め,どこを認めないかを明らかにしたうえで,こちら側の言い分を主張します。

 

 

どのような対応をするか,請求が正当なものであっても,専門家を通すことで,

 

「うまく負ける」

 

ことのできる可能性が高まります。

 

勝利が難しい状態になったときに,理屈上どのようにディフェンスしていくか。私は,その点にこそ,専門家の神髄があると考えております。。

 

 

まずは勝利を目指し,難しくなったとしてもベターな撤退戦を行うことが可能です。

 

Copyright (C) 2015 Kyouhei Shiomi. All Rights Reserved.

 

tel:072-812-7915

mail:k-shiomi@helper-law.com

FBページ:事務所ツイッターへのリンクはこちら

  • w-facebook
  • Twitter Clean