交通事故解決事例②

 

【事案の概要等】 

 大阪府門真市での追突事故。依頼者様(会社員・30代女性)の乗っていた車は修理が必要な状態。依頼者様はご自身で病院に行かれ,入院はせず頸椎ねんざという診断が出ました。

 依頼者様は事故日以外は休まず出勤しなければならない事情があったため,示談交渉を自身で行う時間がなく,事故があってから1週間もしないうちにご相談に来られました。

 受任後,相手方保険会社と交渉を行いました。

 保険会社からは事故後4か月で症状固定を提案されましたが,医療照会を要求するなど,交渉を行った結果,2か月と少し症状固定を延長させ,事故から6か月10日後に症状固定。

 事故車の写真を添付するなどの活動を行った結果,後遺障害等級14級9号の認定が下りました。

 後遺障害の等級認定後のは,後遺障害慰謝料につき全年齢での年収をベースにすべきなどの交渉を行った結果,後遺障害慰謝料の枠で増額を勝ち取りました。

 その他の損害・慰謝料を総合し,合計損害額として約390万円が認められました。

 むち打ちでは,後遺障害の等級が出るか否かという点が問題となる場合も多く,本件も非該当となる可能性がありました。粘り強く等級認定の資料を作成し,具体的に証拠を出すことが必要です。

 弁護士がつくことにより,ご本人での交渉よりも増額を勝ち取れた事例だといえます。

 

 

​【アンケート】

1.はちかづき法律事務所のサービスや各種対応についてのご感想

 ■非常に良かった

 

2.はちかづき法律事務所のサービスや各種対応につき感じたことを自由にご記入ください。

  保険会社とのやり取りを全て行っていただき,ケガの治療に専念できました。示談結果についても非常に満足のいく結果を引き出してくださり,ありがとうございました。

Copyright (C) 2015 Kyouhei Shiomi. All Rights Reserved.

 

tel:072-812-7915

mail:k-shiomi@helper-law.com

FBページ:事務所ツイッターへのリンクはこちら

  • w-facebook
  • Twitter Clean