検索
  • Kyouhei Shiomi

無理のないように。


あけましておめでとうございます。

寝屋川市のヘルパー弁護士、塩見恭平です。

さてさて、ブログの存在を忘れていたかのように時が過ぎましたが、ちゃんと覚えてましたよ!

書く暇がなかったのです。

嬉しい悲鳴というかなんというか。

ブログを書いていない間には、

・2周年の小宴を行ったり

・事務所の人員構成が変わったり

・司法修習生(弁護士になる前の研修生)を1週間だけ受け入れたり

・月刊弁護士ドットコム2017年11月号(業界紙です)にインタビューが掲載されたり

・仕事したり

・仕事したり

・仕事したり・・・

ということで、バタバタと過ぎていった2017年でした。

正直、11月、12月あたりは無理してました。

正月休みを取って、色々考えていたのですが、

無理をしないことで仕事のクオリティも上がるし、自分の生活も人間らしくなる。

今年は無理をしてはいけないなー、と思いました。

今年は、事務所スタッフや外部スタッフの力をもっともっと活かし、無理せず、より良いクオリティの仕事を提供できるように努力します!

少し話は変わりますが、これは、現在法律問題(もしくは法律問題かもしれないと思う問題)で悩まれている方も同じで、

餅は餅屋。

専門家の話をまず、一度聞いてみる。

それが大事なんです。

無理をしない。

自分の力で解決できないことを解決しようとしない。

専門家に頼る。

弁護士に依頼する。

最後はダイマになってしまいましたが、

無理をしないことこそ、生活を良くするコツなのかなーと感じる今日このごろでした。

ということで、このウェブサイトの今年の目標としては、

去年より更新頻度を上げる!!

ということで、本投稿を締めます。

無理して長文を書かない。

無理して写真を載せない。

無理して文字の色を変えたりしない(省エネで更新頻度を上げる作戦

なお、1月5日より本年の事業活動を開始いたしました。土日祝は、可能な範囲で電話に出ますが、折り返しはできませんので、留守電にご用件を入れておいていただければ幸いです。


231回の閲覧

最新記事

すべて表示

交通事故についての一般論

ごくごく一般論ですけど、交通事故の被害に遭ったらすぐ弁護士に相談した方が良いことが多いです。 相手の保険会社から賠償額を提示される前に、 「被害に遭ったらすぐ」 です。 弁護士に依頼すると、 ①単純に慰謝料額が上がります。違う物差しを使ってるんですよ。 ②同じ症状で最大限賠償を受けるためにどうすべきかを知っているので、通院指導等、治療期間中のアドバイスもできます。怪我が治るに越したことはありません

予定の管理

月に1回くらい、事件の棚卸しとして、手持ち事件(70件前後)の確認をしております。 ①次に何をするか ②ボールがどちらにあるか ③最後に依頼者、相手とやりとりしたのはいつか を全てチェックします。 事件放置防止と、手持ち事件の客観量の確認、分野の確認ができるのでかなりお勧めです。 棚卸しは事務所の共有フォルダに「塩見事件管理」というワードファイルを作って1件1件更新していきます。 いろいろ形式を試

人からお金を取り返すこと

ご無沙汰しております。 ごくごく一般論ですけど、人にお金を貸すときには、あげると思って貸した方が精神衛生上良いです。 債権を回収するには大雑把に ①立証のハードル(本当に貸したか) ②回収のハードル(相手から取ることができるか) という2つのハードルがあり、そんなに簡単ではありません。 ①を補強するために、借用書などの「確かに貸した」という証拠(録音などでもいいですが、できれば紙媒体)を、 ②を補

Copyright (C) 2015 Kyouhei Shiomi. All Rights Reserved.

 

tel:072-812-7915

mail:k-shiomi@helper-law.com

FBページ:事務所ツイッターへのリンクはこちら

  • w-facebook
  • Twitter Clean