検索
  • Kyouhei Shiomi

門真市人権講座でお話しいたします。


ご無沙汰しております。

最近,ありがたいことにかなり忙しくさせていただいておりまして,仕事を回すために,ブログの更新を犠牲にしていました。

本来であれば,2月から加入した竹内弁護士の話もゆっくりしたいところなのですが,

それはさておき。

このたび,門真市人権講座

「ともに生きる~平成29年度憲法週間記念行事~」

ということで,門真市のイベントでお話させていただくことになりました。

テーマは

「高齢者の人権~身近な人が認知症になったら~」

というものです。

弁護士になる前から取り組んでいた,高齢者の人権関係でお話させていただけるのはうれしい限りです。

残念ながら,門真市在住の方か,職場・学校が門真市にある方のみを対象としているため,皆さまに聞いていただくわけにはいかないのですが,来ていただいた方の記憶に残るように精一杯お話させていただきます。

それと同時に,弁護士2名体制できっちりと業務を行い,やりたいこととすべきことの両立を行います!


165回の閲覧

最新記事

すべて表示

交通事故についての一般論

ごくごく一般論ですけど、交通事故の被害に遭ったらすぐ弁護士に相談した方が良いことが多いです。 相手の保険会社から賠償額を提示される前に、 「被害に遭ったらすぐ」 です。 弁護士に依頼すると、 ①単純に慰謝料額が上がります。違う物差しを使ってるんですよ。 ②同じ症状で最大限賠償を受けるためにどうすべきかを知っているので、通院指導等、治療期間中のアドバイスもできます。怪我が治るに越したことはありません

予定の管理

月に1回くらい、事件の棚卸しとして、手持ち事件(70件前後)の確認をしております。 ①次に何をするか ②ボールがどちらにあるか ③最後に依頼者、相手とやりとりしたのはいつか を全てチェックします。 事件放置防止と、手持ち事件の客観量の確認、分野の確認ができるのでかなりお勧めです。 棚卸しは事務所の共有フォルダに「塩見事件管理」というワードファイルを作って1件1件更新していきます。 いろいろ形式を試

人からお金を取り返すこと

ご無沙汰しております。 ごくごく一般論ですけど、人にお金を貸すときには、あげると思って貸した方が精神衛生上良いです。 債権を回収するには大雑把に ①立証のハードル(本当に貸したか) ②回収のハードル(相手から取ることができるか) という2つのハードルがあり、そんなに簡単ではありません。 ①を補強するために、借用書などの「確かに貸した」という証拠(録音などでもいいですが、できれば紙媒体)を、 ②を補

Copyright (C) 2015 Kyouhei Shiomi. All Rights Reserved.

 

tel:072-812-7915

mail:k-shiomi@helper-law.com

FBページ:事務所ツイッターへのリンクはこちら

  • w-facebook
  • Twitter Clean