検索
  • Kyouhei Shiomi

選択修習講師を務めてきました!


こんにちは,大阪寝屋川のヘルパー弁護士,はちかづき法律事務所の塩見恭平です!!

7日水曜日から本日9日金曜日まで,所属する委員会の

「ひまわり(高齢者・障害者総合支援センター)」

提供の選択型司法修習プログラムの講師を行ってきました。

司法修習とは,司法試験に合格した方が法曹になるために経験する研修です。

・法律事務所での研修

・裁判所での研修

・検察庁での研修

・司法研修所(埼玉県和光市)での研修

・・・様々な研修プログラムがあります。

そのプログラムの一つとして選択型,すなわち,自分が興味を持つ分野のカリキュラムを選び,学習するというものがあります。

選択型修習の一つとしてひまわりが提供するものの1パートのお手伝いをしてきました。

長々と書きましたが,要は修習プログラムの一端の一端,端の部分に引っかかることをさせていただいた,ということです。

研修の内容は

「訴状起案」

実際に起こった介護事故の記録を使い,修習生にヒアリング・訴状作成をしてもらい,その講評をするというものです。

私は当事者役として事前に用意された記録のストーリーを(修習生を誘導しつつ)お話しし,その聞き取りテクニックや,実際にできた訴状をみて

「ここを変えればもっとよくなる」

と(えらそーに)いう役回りでした。

実際に研修の効率を上げ,より多くの経験をしていただくために,夏前くらいから準備をしてきたので,とりあえずカリキュラムが終わったことでほっとしています。

そして,自分のストーリーを聞き取ってもらうことで,

日ごろ相談者様が

どのようなことを聞きたいか

聞いてほしいか

教えてくれないことで不安になるか

という点がわかったほか,

他の講師の方との話し合いの中で新たに得た発想もあり,非常に勉強になりました。

今後ともひまわりの活動の一つとして続けていければいいな,と思っております。


15回の閲覧

最新記事

すべて表示

交通事故についての一般論

ごくごく一般論ですけど、交通事故の被害に遭ったらすぐ弁護士に相談した方が良いことが多いです。 相手の保険会社から賠償額を提示される前に、 「被害に遭ったらすぐ」 です。 弁護士に依頼すると、 ①単純に慰謝料額が上がります。違う物差しを使ってるんですよ。 ②同じ症状で最大限賠償を受けるためにどうすべきかを知っているので、通院指導等、治療期間中のアドバイスもできます。怪我が治るに越したことはありません

予定の管理

月に1回くらい、事件の棚卸しとして、手持ち事件(70件前後)の確認をしております。 ①次に何をするか ②ボールがどちらにあるか ③最後に依頼者、相手とやりとりしたのはいつか を全てチェックします。 事件放置防止と、手持ち事件の客観量の確認、分野の確認ができるのでかなりお勧めです。 棚卸しは事務所の共有フォルダに「塩見事件管理」というワードファイルを作って1件1件更新していきます。 いろいろ形式を試

人からお金を取り返すこと

ご無沙汰しております。 ごくごく一般論ですけど、人にお金を貸すときには、あげると思って貸した方が精神衛生上良いです。 債権を回収するには大雑把に ①立証のハードル(本当に貸したか) ②回収のハードル(相手から取ることができるか) という2つのハードルがあり、そんなに簡単ではありません。 ①を補強するために、借用書などの「確かに貸した」という証拠(録音などでもいいですが、できれば紙媒体)を、 ②を補

Copyright (C) 2015 Kyouhei Shiomi. All Rights Reserved.

 

tel:072-812-7915

mail:k-shiomi@helper-law.com

FBページ:事務所ツイッターへのリンクはこちら

  • w-facebook
  • Twitter Clean