交通事故解決事例①

 大阪府守口市での追突事故。依頼者様(自営業・50代女性)の乗っていた車は全損。依頼者様自身は救急車で運ばれたものの,入院はせず頸椎ねんざという診断が出ました。

 当初はご自身で交渉されていたのですが,事故から3か月経過し,保険会社の担当者が変わったことをきっかけに,担当者の対応に不満を持たれ,ご相談に来られました。

 受任後,相手方保険会社に連絡し,対応につき苦情を申し入れました。

 さらに2か月後,5か月で症状固定を提案されましたが,交渉により1か月延長させ,事故から6か月後に症状固定。

 主治医にいい後遺障害診断書を書いてもらえるよう,お手紙を書くなどの活動を行った結果,後遺障害等級14級9号の認定が下りました。

 後遺障害の等級認定後の交渉では,自営業の休業損害につき認めるよう交渉した結果,休業損害として約60万円の増額を勝ち取りました。

 その他の損害・慰謝料を総合し,合計損害額として約360万円が認められました。

 むち打ちでは,後遺障害の等級が出るか否かという点が問題となる場合も多く,本件も14級が出ない可能性がありました。さらに,自営業者の休業については認められない場合も多く,粘り強く等級認定の資料を作成し,休業について具体的に証拠を出すことが必要です。

 弁護士がつくことにより,ご本人での交渉よりも増額を勝ち取れた事例だといえます。

 

 

 

Copyright (C) 2015 Kyouhei Shiomi. All Rights Reserved.

 

tel:072-812-7915

mail:k-shiomi@helper-law.com

FBページ:事務所ツイッターへのリンクはこちら

  • w-facebook
  • Twitter Clean