金銭請求解決事例③【貸金返還請求

 

【事案の概要】

 寝屋川市在住の依頼者様(主婦・30代女性)より。

 元交際相手より脅迫に近い形で金銭請求を受け,ノイローゼになってしまった,どうすればよいか,といった相談でした。

 請求金額は約250万円。

 弁護士が介入し,脅迫による損害賠償請求との相殺を提案した結果,約180万円の請求をカットし,残額を分割払いとする,相手方から依頼者様へ今後接触を一切しないとの合意ができました。

 本件においては,高額の請求を受けているだけではなく,脅迫に近い形での請求でしたので,このまま請求を放置していれば,心身を害してしまう危険性も存在した事案です。しかし,弁護士が介入することで,依頼者様の盾となり,直接の交渉を回避するほか,粘り強い交渉により,大幅な債務の圧縮が実現しました。

 特に相手の請求が苛烈な場合,弁護士が間に入ることによりストレスが軽減される結果,今後の生活に対する影響を最小限にすることが可能です。

 お気軽にご相談いただければと思います。 

​【アンケート】

1.はちかづき法律事務所にご依頼いただいた理由

 以前,交際していた相手から,お金を支払えと脅されたため。(口頭補足:寝屋川警察等に相談し,弁護士に依頼したほうがいいと言われたとのことです。)

2.はちかづき法律事務所のサービスや各種対応についてのご感想

 ■非常に良かった

3.はちかづき法律事務所のサービスや各種対応につき感じたことを自由にご記入ください。

 全てにおいて,とても信頼ができ,安心してまかせる事ができました。本当に感謝しております。本当に,ありがとうございました。(弁護士補足:悩みが高じて,打ち合わせ中に苦しそうにされている姿が印象的でした。訴訟になってしまい,解決に時間がかかれば精神的に厳しいなと感じていたところ,何とか交渉で解決することができ,ほっとしています。)

 

Copyright (C) 2015 Kyouhei Shiomi. All Rights Reserved.

 

tel:072-812-7915

mail:k-shiomi@helper-law.com

FBページ:事務所ツイッターへのリンクはこちら

  • w-facebook
  • Twitter Clean